定期的な歯科検診でお口のチェックを

歯科検診が大きな秘訣

虫歯のリスクを少なくするためにご自身でチェックし、ブラッシング習慣を身につけることも大切ですが、もっとも大きな役割を果たすものが歯医者さんによる歯科検診です。
自分でチェックしているからといっても、そこはやはり専門家によるチェックの方が効果は大きいもの。見えないところ、隠れたすき間などもしっかりチェックしてもらうには歯医者さんでの歯科検診は欠かせません。
とくに歯医者さんでは、歯はもちろん歯と歯茎の間、歯茎の柔らかさなども見てくれます。今は症状がなくても、将来歯周病になりやすい状態であるか等も併せてチェックできるのです。
将来に渡って虫歯リスクを少なくする環境を維持するためには、こうした歯医者さんでの歯科検診は欠かせないものであるといえましょう。

バースデーのある月を目安に

歯医者さんでの歯科検診が、虫歯リスクを少なくする大きな秘訣となるものであることは分かっていても、忙しいとなかなかその機会を作ることができないと感じている方も多いでしょう。実際、例えば歯や歯茎のトラブルがあった場合に歯医者さんで歯科健診を勧められる機会はあっても、歯医者さんに行く機会が無いと、なかなか歯科検診に行かないという方も多いものです。
そこでオススメなのが、誕生日のある月に歯科検診を受けるというもの。誕生日その日に予約は難しくても、誕生日のあるその月の中で、ご自身のスケジュールに合わせて予約を入れるなら、予約もしやすいでしょうし、なにより記憶にも残りやすい。
忘れてしまわないよう何か決めごとを1つ加えておくことで、毎年定期的な歯科検診を受ける環境づくりを図ることができます。


シェアする

B!