歯茎や舌も虫歯に影響する

歯周病に対するケアも欠かせない

虫歯になりづらい環境を保つのに、歯のケアは欠かせませんが、歯だけでは足りないのです。歯を支える土台となる歯茎のケアも、虫歯になる環境を排除するためには重要。
なにより歯周病の原因となる細菌は、虫歯を生む細菌と同じものなのです。つまり虫歯になるリスクがあるということは、歯周病になるリスクもあるということ。どちらも生まない環境こそ、虫歯のないお口を保つことにもつながるのです。
歯茎のケアにもブラッシングがポイントになります。適切なブラッシングは歯茎への刺激となり血流が促進され、細菌に負けない環境を維持することができるのです。
ブラッシングの後は、歯茎の状態もチェックしてみましょう。きれいなピンク色をしているか、汚れや出血はないか、目で見て確認することも大切です。

口臭には舌のケアも重要

歯や歯茎はもちろんですが、お口の中に大きな影響を与える舌の状態も忘れずチェックしましょう。実は多くの方が歯や歯茎のケア、チェックをしているのに、舌のケアやチェックまではしていないのが現状です。しかし、舌はお口の中で一番動く部位であるため、虫歯などお口の健康維持に重要な役割となる部位でもあります。
まずは毎日のブラッシングの際に、舌の状態をチェックしましょう。汚れが気になる場合は、専用のアイテムを活用するのもオススメです。また洗口液は口に含んですすぐことで、歯や歯茎だけでなく舌の細菌も減少させることができます。
とくに液体歯磨きと違って、洗口液はブラッシングの後にも使用できます。すすぐだけでお口の細菌を少なくすることができるため、毎日のケアに取り入れることで虫歯リスクも軽減することができるのです。


シェアする

B!